のぼるぞ

山登りを始めたばかりの皆さん、機能も大切ですが、気に入ったアイテムを使うことが楽しむ秘訣です!

登山の失敗談

皆さんこんにちは!ハセです。

 

人間はミスをする生き物。

失敗は成功のもと。

失敗から学ぶものは大きい。

 

まさにその通りなのですが、他の人の経験談から学んで失敗を未然に防ぐことが出来るのも今の情報社会のなせるワザです。

 

私の失敗談をお話しします。

登山口から山頂まで片道3時間程のコースを歩きました。途中小さなピークに寄り道しながらゆっくり登ったので4時間程かかりましたが無事山頂にたどり着きました。

問題は帰り道です。

登山ルートを外れてしまったのです!

 

地図?

もちろん持ってましたよ。。

ルート確認?

しました。。

 

登山道を示すラインには2種類あります。

1  実線。

2  破線。

 

実線は通常の主要な登山道ですが、破線は登山道が荒れてたり、崩壊などして危険度が高かったりします。当然多くの登山者はそこをルートに選ぶことはありませんので益々登山道は荒れていきます。

 

私、帰り道にそこを選んでしまったんです。。

理由は、予定より時間が遅れてたので近道だと思ってしまいました。

実際どうだったかというと、地図上の距離は短いのですが、登山道はとても荒れていて全然歩行が進みませんでした。しかも登山道が道としてはっきりしておらず何度も引き返したりを繰り返しました。

登山道の目安になるピンクのリボンも劣化しており見つけるのにひと苦労しました。

すでにこの時点で後戻りするにもよくわからない地点まで進んでいました。

なんとか通常の登山道と合流することが出来ましたが、たまたま運が良かっただけだと今でも思っています。

もし途中で怪我をしてしまっていたら。。

もし日が暮れてたら。。

 

破線ルートは通行禁止というばかりではありません。そのかわり一気に高度を上げる厳しいルートだったり、落石の多いルートだったりとにかく危険なルートにかわりありません。

 

登山をしていると時間の感覚が変わることがあります。綺麗な景色に魅せられたり、ゆっくり雰囲気を満喫していると1時間や2時間はあっという間です。

早めの行動を心がけて時間に余裕のある登山計画をたてましょう。

 

 

レインウェアだけだと顔が濡れます

皆さんこんにちは!ハセです。

 

7月も中旬。そろそろ梅雨明けですね!

山登りにもってこいの季節がやって来ました(^^;

先日、ある登山口(約1000m)まで行ったのですが、明け方ひんやりしてましたヨ〜。

 

登山における「3種の神器」のひとつレインウェア。

「3種の神器」と言われるくらいですから多くの方が持ってると思います。

私も一応、持ってます。これです!

モンベル ストームクルーザー

 

f:id:haragorosan:20170610021210j:plain

 

とはいっても、登山をやっててこのストームクルーザーの出番がきたのは一度きり。

私の登山スタイルが・・・

◯ 日帰り登山メインであること。

◯ 登山行程が6〜7時間。

◯ ちょっとでも雨が降りそうな時は登山中止。

それと、運が良かったからです(。-_-。) 

 

それでも一度だけ、ガッツリ雨に降られたことがあります。

北アルプスに行った時、上高地から涸沢まで8時間ほど雨の中を歩きました。。

トームクルーザーの性能は抜群です。

いちばん印象的なのは、8時間も着ていたのに全く蒸れない、ということです。

当然きちんと着ていれば雨がしみ込むこともありません。

つまり、快適なんです! 

さらにCニットバッカーという裏地は従来品と比べて軽く、サラッとした着心地です。

つまり、着てるほうが気持ちいいかのようです。

 

しかしです。

顔はさすがにオープンなんです。当たり前ですが。。

私の仲間たちもレインウェアを着ていて体は濡れてないのでしょうが、

顔は・・・ずぶ濡れです。

平坦な道では折りたたみ傘を使う、といった方法もあるでしょう。

しかしできれば両手はフリーにしておきたいものです。

そこで私はこんな感じで行ってみました。

 

f:id:haragorosan:20170719184137j:plain

 

フードの下にキャップです*

見ての通り、顔全体を傘のように守ってくれます。

視界良好です。

フード自体に小さなツバは付いてますが、顔の大きい私には少々小さいようです(。-_-。)

このキャップもゴアテックス素材ですので雨が浸みてくることもありませんでした。

 

f:id:haragorosan:20170719184503j:plain

 

登山を始めたばかりの皆さん、高機能なレインウェアを買ったら雨が楽しみになるかもしれませんよ〜。

私は今のところ、晴れ一本狙いで行こうと思ってます。

 

 

登山の楽しさ100のこと

皆さんこんにちは!ハセです。

 

私が登山を始めたのは2007年の11月。

それ以前は、登山に対してほぼ無関心でした。

登山の何が楽しいのだろうか・・・状態です。

 

よく聞く話で・・・

 

⚪︎  景色がいい。

そりゃいい景色だろうけど、山に登らなくても景色がいい所はいっぱいある。

 

⚪︎  空気が美味しい。

美味しいかどうかは別として、キレイな空気には違いないでしょう。

けど、空気が美味しい、てわかりづらい。。

 

⚪︎  運動になる。

他にスポーツやってるしー。

 

といった感じでイマイチ響きませんでした。

 

そんな私が登山を始めて数年。。

こんどは人に尋ねられることがあります。

登山何が楽しいの?

 

そして答える返事が・・・

⚪︎  景色がめっちゃいいですヨ〜。

⚪︎  空気が違いますヨ〜。

⚪︎  全身運動ですからね!

 

興味ない人にとっては全然響かない説明をしてしまってました(汗)

 

私が軽くみられるのはかまいませんが、山が軽んじられるのはちょっと残念です。

 

登山の楽しさをひと言ふた言で話すのは難しいです。

それより100個くらい話すほうが簡単そうなので、登山の楽しさ100のことを考えてみました*

 

◯  山について

1 登っていいんです!

2 自分の足で登ってしか見れない景色

3 高度感が気持ちいい

4 下界ならたぶん立ち入り禁止

5 一歩一歩と踏み出して行けば山頂にたどり着く

6 険しいとこに行ってもいいですよ  

森林限界、て知ってる?

8 実はてっぺんまで行かなくても楽しい

9 ひとつの山でもコースがいろいろある

10 違う世界に来たみたい

11 お気に入りの山ができる

12 富士山以外の山の名前がわかる

13 山は人生の縮図

14 山は厳しさを教えてくれる

15 心が傷ついた時、優しく迎えてくれる

 登山前から楽しい

16 何を持っていくか考えるのが楽しい

17 何を持っていかないかを考えるのも楽しい

18 暗〜い時間から出発するとワクワクする

19 コンビニに寄るだけでも楽しい

◯  自然について

20 熊笹のなかを歩くのが好き

21 火口跡があると地球を感じます

22 火口湖、てわかる?

f:id:haragorosan:20170702124125j:plain

23 とんでもなく大きな岩がゴロゴロしてる

24 岩に勝手に名前をつけてます

25 100年前の景色がみれる

26 100年後の景色がみれる

27「森」ってじつは綺麗

28 春の新緑てこんなに綺麗だったの⁉︎

29 山の斜面が山ツツジに染まる

30 雲の動きが間近で見れる

31 黒い雲が来るとこわい。。

32 夏でも雪が見れるとこがある

33 山頂付近からの雲海は格別

f:id:haragorosan:20170702124832j:plain

34 山の斜面が紅葉で埋め尽くされる

f:id:haragorosan:20170702124247j:plain

35 冬は池の上を歩けたりする

36 霧氷がたくさん見れる

f:id:haragorosan:20170702124412j:plain

37 エビのしっぽと言われる不思議な霧氷がある

38 氷柱が見れる

39 星の綺麗さがハンパでない

f:id:haragorosan:20170702124451j:plain

40 流れ星を一晩で5回みつけた!

41 モルゲンロート、て知ってる?

f:id:haragorosan:20170702124550j:plain

42 山で見るご来光は神々しい

43 ゴミが捨ててあると腹が立ってくる

◯  登山後も楽しい

44 下山後の温泉が格別

45 さらにその後のビールがやばい

46 夜ご飯は焼肉がいい

47 ぐっすり寝れる 

48 家に着くと特別だったことが実感できる

◯  道具について

49 登山道具ってかっこいいんです

50「ザック」て技術の結晶!

51「トレッキングシューズ」てかわいい

52 山用の「レインウェア」てハイテク!

53 レイヤリング、てわかる?

54「メリノウール」て匂わない。。

55「速乾性」「透湿性」「防水性」勉強になる

56 雪の時「サングラス」いるー!

57「機能タイツ」て素晴らしい!

58「ゴアテックス」バンザーイ!

◯  ファッション的に 

59 ザックのデザインいろいろ

60 カラフルな色使い

61 ブラック系でもいける

62 ドレスコードは特にない

◯  自分の体にいいこと

63 ダイエット効果

64 たくさん食べてもすぐ動くから大丈夫

65 筋力がつく→太りにくくなる

66 足腰が鍛えられる

67 バランス感覚が養われる

68 心肺機能が鍛えられる

69 精神安定

70 いろんな悩み事が小さな事に思えてくる

71 考える力が養われる

72 将来の体づくり

73 自分の体力にあった山が必ずある

74 自信がつく

◯  ふれあいについて

75 子どもとの会話が楽しい

76 親孝行ができる

77 童心にかえれる

78 山の仲間ができる

79 山の仲間はいなくても大丈夫

80 友だちを連れて行きたくなる

81 恋人を連れて行きたくなる

82 ひとりにもなれる

◯  旅として

83 特別な思い出

84 旅の途中の話題が豊富

85 終わってからの話題も長続きする

86 いい写真がいっぱいとれる

87 失敗も楽しい思い出

88 山小屋体験ができる

89 お風呂付きの山小屋だってある

90 山小屋には記念のお土産が売ってある

91 山頂付近に山小屋がある場合もある

◯  五感にひびく

92 写真で見るのとはちょっと違う

93 静かなところでは全く音のない世界

94 極寒では鼻水がいつの間にか落ちてくる

95 山で食べるものが美味しく感じる

96 普通の水がおいしいのがわかる

97 水のありがたみがわかる

98 気温の変化がわかりやすい

99 曇るだけで突然寒くなるから不思議

100 冬はびっくりするほど寒い

 

以上100件。

以外と大変でしたが、私自身が登山をやってて楽しかった、と感じたことを再確認できました。

 

なので、この100件は他の人に押し付けるものではありません。あくまで私が楽しさを感じる100件です。

 

興味のある方は是非、山に登ってみてください。

登山、て何が楽しいのかな・・・と思った方、もしかしたらすでに興味があるのかもしれませんよ〜*

 

ハイカットで足首は守れるのか

皆さんこんにちは!ハセです。

 

登山における三種の神器の1つ。

登山靴(トレッキングシューズ)

 

ローカットにしようか、ハイカット(ミドルを含む)にしようか(-_-;)う〜ん。。

 

私のような日帰り登山中心の初中級登山者にとってはどっちでもいいような気がしますが。。

 

ただ、初めて登山靴を買おうとする人にとっては「どっちでもいいこと」とか、そんなのわかんないですよね。

 

実際、山でお会いする他の登山者さんたちの多くはハイカットを履いておられる気がします。

 

これから登山を始めようとする方があれを見たら、「ああいうの(ハイカット)を買わなくちゃいけないんだな」て思っちゃいそうです。

 

もちろん間違いなんて言ってるんじゃないですヨ〜。

ローかハイ、どちらもそれぞれに良いですから。

 

でも、なんでみんなハイカットかなー、なんて(¬_¬)

 

よく話題に上がるのが、足首の保護。

捻挫防止ですね。

 

これには異を唱える方も多いようです。

私の考えもそれに近いです。

あくまで近い、です*

 

私の考え・・・といっても過去にどこかでで誰かに聞いた話のとりまとめ*

 

ハイカットやミドルカットは足首やくるぶしを覆います。

靴が足首やくるぶしに当たってる状態です。

これがポイント。

 

まつ毛の役目というのがあります。

目の周りにある、あのまつ毛です*

 

目を守るためにとても敏感に反応します。

ちょっとでも触れると反射的に瞼が閉じます。

 

つまり、ハイカット部分がくるぶしに触れることで、無意識的に足首が無理な動きをしないように保護する、という考え方です。

 

そういう意味では捻挫防止というより、捻挫予防のためのハイカット、てことに賛成です(。-_-。)

 

ハイカット部分のホールド力で足首を固定して守ってるんじゃない、と考えてます。

 

実際にハイカット部分をガチガチ締め上げて岩の上やらなんやら歩いてくと、だんだん辛くなります(汗)

 

すでに怪我をしてないんだったら、スポーツ全般にわたって各関節は柔軟性がある方が怪我しにくい、と私は思います。

 

怪我してる人や、足首に不安がある人は、ハイカットで締め上げるんじゃなくて、足首用のサポーターを使うのがいいと思います。

 

固定力は高いのに、伸縮性があって足が痛くならない。

さすがサポーターです!

 

私は登山以外でテニスをやっています。

過去に怪我をして、右足首が緩くなってます。

サポーターをしてテニスシューズを履きます。

 

プロテニスの錦織選手もやってます。

 

ん?錦織選手の真似をしてるわけではありませんよ(汗)

足首に不安があるプレイヤーはみんなやってます(。-_-。)

 

そこで登山にも応用して、足首用サポーターに登山靴(トレッキングシューズ)というスタイルが今のところいい感じです*

 

足首の保護でいうと、岩場やガレ場でちょうどくるぶしが岩に当たって怪我、てこともありえそうです。

靴が覆ってくれてるだけで効果あると思います。

 

結論〜。

 

ハイカット(ミドルカット)で足首を守る手助けにはなってる。。

 

私のような初中級者は、ハイカット(ミドルカット)を1番上までしっかり締め上げると歩きにくい。。

 

サポーターいいです・・・*

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

星生山は快晴でした!

皆さんこんにちは!ハセです。

 

実は私、九州男児です。

 

九州の山を中心に登山してます^^;

 

大分県に「九重連山」というのがあります。

九州の方はもちろん、全国的にも山登りをする方なら名前くらいは聞いたことがあるかもしれません。。

 

九重連山」といいましたように、九重地方に複数ある山の総称です。

最高峰は、中岳(標高1,791m)です。

しかし主峰は、久住山(1,786m)です。

 

今回、九重連山の一つ、星生山(1,762m) に登って着ました!

 

 f:id:haragorosan:20170623160333j:plain

 

九重連山のほぼ真ん中にあります。

山頂からの眺めは360°遮るものはなく、九重連山ど真ん中感 が味わえます(^^;

私の大好きな山です*

 

牧ノ戸峠という登山口を朝9時に出発しました。

登山道はわかりやすく、わざわざ道を外れなければ道迷いをすることはないと思います。

この登山口からは九重連山の多くの山に登ることができるため、当然、登山者も多く安心して登ることができますよ〜。

 

今回登ったのは「星生山」。

もう一回いいます。私の大好きな山です*

 

どの辺が好きかといいますと・・・

◯ 九重連山の真ん中にいるゾ〜、て感じ。

◯ 主峰の久住山に比べると登山者が少ない。

◯ 登山口から山頂まで近い。

 

◯ 九重連山の真ん中にいるゾ〜、て感じ。

山頂からすぐ眼下に硫黄山という山があります。

今でもガスが噴き出しており、山体に植物は育たず、火山の雰囲気を色濃く醸し出してます。

ちょっと怖い気もしますが、九重の中でもちょっと違う雰囲気の硫黄山を間近でみることが出来ます。

他の九重の山々を自分を中心に眺めることができる。

 

 f:id:haragorosan:20170623160546j:plain

 

◯ 主峰の久住山に比べると登山者が少ない。

静か。

決して人嫌いなのではありません!

むしろ人がいた方が安心しますし、賑やかが楽しい時が多いです。

でも、静かも捨てがたい、てことです*

平日なんてほとんど誰とも会わないくらいです。

 

◯ 登山口から山頂まで近い。

片道2時間あればてっぺんまで着きます。

私、気候がよければ山頂付近で昼寝をするのが好きなのです*

もちろん、他の登山者の邪魔にならないように気をつけますヨ〜。

寝心地のいいポジションを見つけて1時間くらい。

歩く時間が短いとそのぶん昼寝の時間にあてられますから。

静かなのもいいですね。

 

今回は、家からノンアルコールビールを持って行きました。

だんだん暑い季節になってきましたからね。

ん?どうやって持って行ったかですね!

そうです。

ノンアルコールとはいえ、ビールですから、冷たくなくちゃですね!

家を出る前に2時間くらい凍らせてました。

そして、これに入れて行くんです。

 

 f:id:haragorosan:20170623160842j:plain

 

GRANITEGEAR(グラナイトギア)エアセルブロックス Sサイズ。

 

保温&保冷バッグです。

作りがしっかりしている印象です。

ジッパーは止水仕様になってます。

生地内にパットが入っていて安心感とともに質感もいいですよー。

色使いもとても綺麗です*

 

f:id:haragorosan:20170623161444j:plain 

 

さあ飲むぞ〜・・・

凍ったままでした。。

エアセルブロックスおそるべしでした(汗)

 

 

 

 

山専用の財布

皆さんこんにちは!ハセです。

 

今私が使ってる財布はコレです。

 

f:id:haragorosan:20170618211354j:plain

 

j&m davidson

 

もう3年目の付き合いになります。

財布を頻繁に買い替えることはなく、同じものを長く使ってきました。

二つ折りタイプをしばらく使ってたんですが、今回は久しぶりに長財布にしました。

デザインはとても気に入ってるんですが、やっぱり私には少し大きいかな。。

でも、この財布もまだまだこれから長い付き合いになる予定です*

 

財布って、普通1つ持ってたら十分じゃないですかね?

私の周りの女性の中には複数の財布を使い分ける人がいます。

ファッションの一部でもありますから気持ちはわかります。

 

ただ、財布の中にはお金以外にもいろいろと入ってますよね。。

クレジットカード、その他のカード類、何かしらのサービス券、いつどこで使うことになるかわからないので、できればいつも入れっぱなしにしておきたい、と思ってます。

 

使い分けるたびに入れ替えるのって、面倒くさいなー、なんて思ったりします。
あ、私だったら、ですね(汗)

 

まあ、私は「財布は1つしか持たない派」だったので関係なかったんですが。。

 

今では私も「財布2つ持ち派」に仲間入りしてます。といってもファッション的な理由ではなく、実用性を考えてのことです。

 

このブログでお話してる「山」のおかげです。

 

当然、山へ登るときも財布は持っていきます。

二つ折り財布を使ってた頃はまだよかったんですが、今使ってるのは長財布。

困った点が2つ!

◯  ザック内でのスペース問題。

◯  財布が傷む問題。

 

◯  ザック内でのスペース問題。

山へ登る際、私はできるだけ荷物は少なく、コンパクトにしたい、と思ってます。

 

◯  財布が傷む問題。

普段使いの財布はレザー製。

ザックからの出し入れの際、ファスナーで傷をつけたり、汚れた手で触ったり、荷物で押し曲げられたり。。

 

ハードにガンガン使うのも男らしくていいのですが、私の女々しさと、この財布「j&m davidson」はちょっと山には不釣り合いな気が。。(汗)

 

そこで、面倒くさくはあったのですが山専用の「山財布」を用意することにしました*

 

f:id:haragorosan:20170618211933j:plain 

 

「グレゴリー  クラシックワレット 」です。

 

結論からいいますと、

山財布を持ってよかったです。

◯  ナイロン製。

◯  コンパクト。

◯  小銭が取り出しやすい。

 

◯  ナイロン製。

ナイロンといってもいろいろあります。

この財布は頑丈そうなナイロンです。

汚れても拭けば大丈夫!

商品説明には「HDナイロン」と書かれてありました。HDの意味はよくわかりませんが、たぶんハードなんでしょう^^;

 

◯  コンパクト。

文字どおり!

 

◯  小銭が取り出しやすい。

小銭入れが外側についているので、財布を開かずに小銭を取り出すことが出来ます。

これ感動ものの便利さで、山専用にしとくには勿体無いほどです*

 

f:id:haragorosan:20170618212139j:plain

 

ちなみに、財布を開く際はマジックテープをバリッと音を立てて開くのです。

 

これがなぜか楽しく感じます*

 

 

 

登山以外にやってること

皆さんこんにちは!ハセです。

 

実は私、自称テニスプレイヤーなんです。

もちろん、超アマチュアの(汗)

 

中学、高校の部活でソフトテニスから始めて、高校卒業後に硬式テニスに転向しました。

 

テニス歴だけなら超ベテランです。

実力は。。

聞かないでくださいね(-_-;)

 

f:id:haragorosan:20170612004509j:plain

 

テニスにおける三種の神器は・・・

◯  ラケット

◯  ストリングス

◯  テニスシューズ

と、私が今勝手に考えてみました*

 

◯  ラケット

さすがにコレがないとテニスが出来ません。

 

◯  ストリングス

実は、テニスやってる人からすると、ラケットと同じくらい打球感に影響があります。

 

◯  テニスシューズ

コレがないとマナー上、テニスコートには入れません。

 

どれもとても重要なアイテムですが、実力に大きな影響はありません。

 

あ、プロの方への意見ではありませんからね!

 

私が日頃参加しているテニスサークルには、かつて実業団で活躍していた元選手がいます。

 

私との実力差は大きく、勝負になりません。

お互い、使ってるアイテムは・・・

◯  競技用ラケット。

◯  それなりにこだわったストリングス。

◯  競技用シューズ。

 

特に彼は、あるラケットメーカーと契約があり常に最新モデルを使っています。

 

しかしその彼は、他のラケットを使っても私を完膚なきまでに打ち負かすでしょう(汗)

好みでないストリングスを張っても同じです。

革靴でも私には負けないでしょう(汗)

 

彼と私の差は道具(アイテム)ではないのです。

◯  体力。

◯  知識・経験。

◯  技術(テクニック)。

 

目には見えないこの3つが大きいんです。

道具だけでこれをひっくり返すのはほぼ不可能です。

また、かりに道具でひっくり返すことが出来たとしてもあんまりうれしくありません。

 

登山に関しても同じことがいえます。

 

よい道具があるに越したことはありません。

しかしホントに大切なのは・・・

◯  体力。

◯  知識・経験

◯  技術(テクニック)

そして楽しむこと*

 

登山を始める皆さん、道具(アイテム)は楽しみを深めるものの1つに過ぎません。

目には見えない実力を身につけて、安全で楽しい登山スタイルを目指しましょう。

 

あ、プロの方への意見ではありませんからね!

プロの方は厳しー世界がありますから。

 

私はひとりの初中級者です*