のぼるぞ

山登りを始めたばかりの皆さん、機能も大切ですが、気に入ったアイテムを使うことが楽しむ秘訣です!

レインウェアは必ず必要ですか?

皆さんこんにちは!ハセです。

 

山登りを始めたばかり、またはこれから始めようと思ってる皆さん、レインウェアは用意してますか〜? 

 

私の場合「どのレインウェアがいいか」というよりも、その必要性自体に疑問をもっていました。

雨の日はもちろん、少しでも雨が降りそうな日は登らないんだけど・・・て感じです。

 

◯  山の天気は変わりやすい。

◯  万が一雨が降った時のため。

◯  絶対に雨が降らないといえない。

 

要するに「山を甘く見るな」ということですね。

わかってるつもりですが、その・・・、あの・・・、

レインウェアって、高いんですよね(汗)

 

もちろん、ピンキリ様々色々ありますが、性能を追求するととんでもない値段を見ることになります。

場合によっては命に関わることですから、金額ではないんです。。よね(汗)

 

必要ですよ、そりゃ。。 

 

私の場合どうなのかと言いますと・・・持ってます。

モンベル ストームクルーザー。

上下で3万円以上したと思います。

 

f:id:haragorosan:20170610021210j:plain

 

なぜレインウェアの購入に踏み切ったかといいますと、

以前、仲間と北アルプスへ登りました。3泊4日です。

全員の休みを合わせるのはなかなか難しく、半年前から計画を立て、

ここしかない!」といった日程でした。

さすがに4日間の天候予想は不確実なため、レインウェア買いました。

 

当日どうだったかといいますと・・・

レインウェア買った甲斐がありました(汗)

上高地から涸沢まで大雨です。。

8時間以上歩いたと思います。。

 

機能的な話をしますと、素晴らしい性能でした。

普段、仕事でもカッパ(あえてカッパと呼ばせてもらいます)を使うこともあるのですが、1,000円くらいのものを支給してもらってます。

重く、動きづらく、蒸れる。

イメージどうりのカッパです。

それがどうでしょう!

知識としては知っていたのですが、真逆!

軽く、動きやすく、快適。

雨が止んでも着ていたいほどの快適性です。

 

せっかく準備してたので、使えて良かったといえば良かった・・・かな。

しかし、後にも先にも私の登山スタイルでレインウェアが必要になったのはその時だけです。

もちろん結果論ですよ!結果論。

山を甘くみているわけではありません。

 

山を甘くみていないからこそ、雨の登山に出くわしたことがない、ともいえます。

少しでも雨の降りそうな時には登山中止です。

登山中、雲行きが怪しくなった時には引き返します。

私の登山スタイルが、主に日帰りの往復6〜7時間コースだから出来ることだとも思います。

それでも万が一に備えて、通常の登山ウェアに撥水性の高いものを選んでます。

しかし、いろんな方の話を読みますとほとんどの方がレインウェアは必需品。

なんといっても登山における「3種の神器」のひとつですから。

 

小さな声で言います。。

私は、日帰り登山では持っていかない派です。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めて買う登山靴は好きなデザインでいこう!

皆さんこんにちは!ハセです。

 

実は私、けっこう靴好きなんです*

登山靴に限らず、靴全般的に好きなんです。

 

f:id:haragorosan:20170609180008j:plain

 

最近買った靴はリーボックのポンプフューリー。

私の足は、幅広の甲高。。

がっつり日本人の足です。

ポンプフューリーはエアを入れる必要もなく私の足に密着します(笑)

ちょっと窮屈なくらいです。

でもいいんです。気に入ってるから◎

 

そんなもんでしょう。

 

登山靴(トレッキングシューズ)は、登山における「三種の神器」といわれるくらい重要なもの。

きちんと足に合ってるべきです。

 

しかし、登山用品のお店で買う私たちに出来ることといったら・・・

◯ 店員さんにアドバイスをもらうこと。

◯ お店で試し履きすること。

くらいです。

 

実際の山で歩いてみることはできません。

実際の山で歩いてみないとわかりません。

 

実際の山で1日歩いてみると、その靴と自分の足との相性がわかってきます。

思ったより靴の中で足が動くとか、土の上を歩くときはいいんだけど、岩の上では靴全体がグニャと曲がってしまうなど。

私の場合は、右足は問題ないんですが、左足の指が後半痛くなるんです。

歩き方に問題があるのかもしれませんが。。

そういう実体験を得てから徐々に理想の靴に近づいて行けばいいと思います。 

 

私が今、山で使ってる靴は・・・

◯ 比較的柔らかいローカットシューズ。

◯ まずまずの硬さのあるミッドカットシューズ。

この2つです。

 

私は、もともとローカットが好きでほとんどそっちで出動してました。

1度だけ困ったことがありました。

雨の中を登山した時のことです。

(基本、雨の登山はしないのですが、どうしてもその日に登らないといけないことがありまして・・・)

ゴアテックスを使った靴ではあるのですが、ローカットなので、ゴアテックス素材もその靴の高い位置(くるぶし辺り)まで使われているわけではありません。

1時間くらいは良かったのですが、長時間歩いてるうちに高い位置から雨の侵入があり靴の中が濡れてしまい不快な思いをしました。

もちろん、レインウェアも着ていましたが、やはり動いてますから足元は隙が大きいんだと思います。

完全に私の失敗でした。。

 

その後このローカットシューズ、ソールのすり減りも大きくなり、今ではほとんど使っていません。

しかし、比較的歩きやすい場所での使用感とデザインは捨てがたいものがあります。

いつか買い換えたいと思います*

 

私が今メインで使っているのは、

VASQUE(バスク)  ブリーズ2.0GTX

 

f:id:haragorosan:20170609180708j:plain

 

当然、ゴアテックスは高い位置まで使われてます。

私の登山スタイルからすると、防水性より通気性。

適所にエアメッシュが使われてあり私にとっては快適です。

でも、1番の決め手は見た目です

見た目はけっこうスリムなのに、履いてみるとつま先あたりに十分なゆとりがあるんです。

カラーリングも私好みです。

そしてあんまり人と被らない(汗)

 

どんなに性能が良くてもデザインが好みに合わなくては楽しさも半減してしまいます。

もちろん逆に、デザインがどんなに良くても、あまりにも自分の足に合ってなかったら苦痛でしょう。

 

最初はある程度サイズ感が合えば、好きなデザインでいけばいいんじゃないかなー、と思います。

好きなものを選びましょう!

 

 

初めて買うザックの大きさはどれくらいがいいか?

皆さんこんにちは!ハセです。

 

これから山登り始めようと思ってるみなさん。

道具はどうされますか?

 

◯ ひと通り揃えて形から入る派。

◯ とりあえずある物で対応する派

◯ 1点か2点ほど買い揃える派

 

私の場合、2回目の登山までは「とりあえずある物で対応する」でした。

全くのど素人同士で始めた登山でしたが、たまたまそれで対応できたからです。

たまたまです。。

 

今では道具選びも楽しみのひとつになってます。

今回はザックを選ぶ際の「大きさ」について話をしたいと思います。

 

ザックの大きさを表す際、容量を何リットルと表示します。

明確な定義があるわけではないのですが、おおむね、

◯ 小型ザック(〜20L前後)

◯ 中型ザック(〜40L前後)

◯ 大型ザック(〜50L以上)

といった感じですかね。

 

雑誌の企画で、「最初に買うザックは〜」なんてのがあります。

だいたいどの雑誌にも、40L前後の中型モデルを推してます。

理由はこうです。

日帰り登山から1〜2泊程度の山小屋泊まで対応。

要するに、汎用性が高い、ということですね!

 

しかーし!

「1〜2泊程度の山小屋泊に対応できるモデル」は、1〜2泊程度の山小屋泊をする場合にジャストサイズです。

 

全員にLサイズの服を用意するようなものです。「入るだろ?」と。

Lサイズの人はいいですよ。。

 

40Lというと、私にとっては大き過ぎます

私にとっては、ですよ。。

決して山をナメてるわけではありません(汗)

 

ということで、私の登山スタイルを紹介します(。-_-。)

 

私がいま使ってるザックは25Lと38Lです。

ほとんど25Lで出動します。

 

私の場合、日帰り登山がメインです。

登山を始めた頃は、完全に日帰り登山です。

朝7時か8時に登り始めて、遅くとも午後3時には降りてきます。

 

定番のザックの中身(夏であれば)は・・・

○ 食べ物・飲み物

○ 予備のTシャツ

○ ウィンドストッパー

くらいです。

雨が降るかもしれない、て場合には登山中止です。

基本、荷物は少なめ(軽め)を心がけてます。

 

春や秋になれば、ちょっと曇っただけでグッと気温が下がりますので、軽めの防寒着(もちろんコンパクトに収まるもの)が増えます。

山の上で温かいものを食べようと思ったら、水が増え、ガスやバーナーを持っていかなければなりません。が、それでも25Lでなんとかなります。

 

冬になると、防寒着の量が少し増えます。

しかし防寒着は、行動中(登ってる時)は暑くて着ていられない時があり、

ザックの中に入れておく時間が結構長いのです。冬なのに*

軽アイゼンを持って行く時もあります。

25Lでも行けないことはないですが、38Lの方がやや優勢です(^^;

 

私の場合、春、夏、秋に38Lを持って行くと、ザックがぐちゃっと潰れたようになります。中で荷物も安定しません。

 

初めて買うザックをどうしようかな〜、というみなさん。

最初から山小屋で1〜2泊しようとする方は40Lクラスを買って下さい!

 

それ以外の方〜〜

春、夏、秋、冬?

日帰り、山小屋、テント泊?

アルプス?

 

「大は小を兼ねる」と言います。

「備えあれば憂いなし」という言葉もあります。

 

しかし、荷物を厳選すれば重量も軽くて、快適に歩けます。

登山を続けて行くと、万能サイズのザックはありません。

「帯に短し襷に長し」です。

 

はっきり言います!

少し小さめがいいと思います。

言ってしまった・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ど素人同士の初登山

皆さんこんにちは!ハセと申します。

よろしくお願いしますm(_ _)m

 

私が初めて山に登った時の話をします。

といっても、近所の裏山とか、ドライブで、ではなく登山としてのものです。

 

2007年の11月。

なんとなーく眺めてたある山がありまして、

「ちょっと山に登ってみようかなー」といったほとんど気まぐれでした。

翌週、さっそく友人のNくんを誘ってど素人同士での初登山に挑戦です。

 

f:id:haragorosan:20170604210814j:plain

 

その山は、1700M級の登山では有名の山です。

11月末でしたから、初冬といっていいでしょう。

 

ど素人ながら、準備はしました。が、特に何も持ってません。

そのへんにあるものを適当に持ち寄って出発です(。-_-。)

 

登山で語られる「3種の神器」ご存知ですか?

当時の私たち、もちろん知ってるはずありません。。

 

◯ 登山靴

◯ ザック

◯ レインウェア

 

◯ 登山靴

仕事で使ってたパッと見、登山靴に見えなくもない作業靴。

たまたまゴアテックスが使われてたので、これいいんじゃない?て感じです。

 

◯ ザック

自転車通勤してまして、その際使ってたリュックがたまたま軽登山用の20Lザック。

お弁当と飲み物以外、何を入れて行くか思いつかず、スッカスカの余裕の容量。

友人のNくんのお弁当類も入れてあげたので、Nくんは手ぶらです。

 

◯ レインウェア

雨なら登山中止ね!くらいの考えでしたから、当然用意してません。

かわりに服装のことを話しますと、

11月末でしたから、山の上は相当寒いはずよね?ということで、

これまた仕事で使ってました、ぶ厚い防寒着を上下。

防寒着の中は、上半身はフリース。下半身はアウトドア用のパンツ。

フリースの中は、スポーツ用のTシャツ。

 

登山経験者が周りにいなかったのもありますが、

今思えば、ちょっとくらい調べてみればよかったかもしれません。。

特に、服装はだいぶアウトでしたね。

快適性についてはもちろんですが、大人ふたりがほぼ同じ格好で歩いてると、ずいぶん振り返られました(笑)

 f:id:haragorosan:20170604211009j:plain

 

 それでもなんとか山頂までたどり着き、よい思い出が出来ました*