のぼるぞ

山登りを始めたばかりの皆さん、機能も大切ですが、気に入ったアイテムを使うことが楽しむ秘訣です!

初めて買うザックの大きさはどれくらいがいいか?

皆さんこんにちは!ハセです。

 

これから山登り始めようと思ってるみなさん。

道具はどうされますか?

 

◯ ひと通り揃えて形から入る派。

◯ とりあえずある物で対応する派

◯ 1点か2点ほど買い揃える派

 

私の場合、2回目の登山までは「とりあえずある物で対応する」でした。

全くのど素人同士で始めた登山でしたが、たまたまそれで対応できたからです。

たまたまです。。

 

今では道具選びも楽しみのひとつになってます。

今回はザックを選ぶ際の「大きさ」について話をしたいと思います。

 

ザックの大きさを表す際、容量を何リットルと表示します。

明確な定義があるわけではないのですが、おおむね、

◯ 小型ザック(〜20L前後)

◯ 中型ザック(〜40L前後)

◯ 大型ザック(〜50L以上)

といった感じですかね。

 

雑誌の企画で、「最初に買うザックは〜」なんてのがあります。

だいたいどの雑誌にも、40L前後の中型モデルを推してます。

理由はこうです。

日帰り登山から1〜2泊程度の山小屋泊まで対応。

要するに、汎用性が高い、ということですね!

 

しかーし!

「1〜2泊程度の山小屋泊に対応できるモデル」は、1〜2泊程度の山小屋泊をする場合にジャストサイズです。

 

全員にLサイズの服を用意するようなものです。「入るだろ?」と。

Lサイズの人はいいですよ。。

 

40Lというと、私にとっては大き過ぎます

私にとっては、ですよ。。

決して山をナメてるわけではありません(汗)

 

ということで、私の登山スタイルを紹介します(。-_-。)

 

私がいま使ってるザックは25Lと38Lです。

ほとんど25Lで出動します。

 

私の場合、日帰り登山がメインです。

登山を始めた頃は、完全に日帰り登山です。

朝7時か8時に登り始めて、遅くとも午後3時には降りてきます。

 

定番のザックの中身(夏であれば)は・・・

○ 食べ物・飲み物

○ 予備のTシャツ

○ ウィンドストッパー

くらいです。

雨が降るかもしれない、て場合には登山中止です。

基本、荷物は少なめ(軽め)を心がけてます。

 

春や秋になれば、ちょっと曇っただけでグッと気温が下がりますので、軽めの防寒着(もちろんコンパクトに収まるもの)が増えます。

山の上で温かいものを食べようと思ったら、水が増え、ガスやバーナーを持っていかなければなりません。が、それでも25Lでなんとかなります。

 

冬になると、防寒着の量が少し増えます。

しかし防寒着は、行動中(登ってる時)は暑くて着ていられない時があり、

ザックの中に入れておく時間が結構長いのです。冬なのに*

軽アイゼンを持って行く時もあります。

25Lでも行けないことはないですが、38Lの方がやや優勢です(^^;

 

私の場合、春、夏、秋に38Lを持って行くと、ザックがぐちゃっと潰れたようになります。中で荷物も安定しません。

 

初めて買うザックをどうしようかな〜、というみなさん。

最初から山小屋で1〜2泊しようとする方は40Lクラスを買って下さい!

 

それ以外の方〜〜

春、夏、秋、冬?

日帰り、山小屋、テント泊?

アルプス?

 

「大は小を兼ねる」と言います。

「備えあれば憂いなし」という言葉もあります。

 

しかし、荷物を厳選すれば重量も軽くて、快適に歩けます。

登山を続けて行くと、万能サイズのザックはありません。

「帯に短し襷に長し」です。

 

はっきり言います!

少し小さめがいいと思います。

言ってしまった・・・。