のぼるぞ

山登りを始めたばかりの皆さん、機能も大切ですが、気に入ったアイテムを使うことが楽しむ秘訣です!

レインウェアだけだと顔が濡れます

皆さんこんにちは!ハセです。

 

7月も中旬。そろそろ梅雨明けですね!

山登りにもってこいの季節がやって来ました(^^;

先日、ある登山口(約1000m)まで行ったのですが、明け方ひんやりしてましたヨ〜。

 

登山における「3種の神器」のひとつレインウェア。

「3種の神器」と言われるくらいですから多くの方が持ってると思います。

私も一応、持ってます。これです!

モンベル ストームクルーザー

 

f:id:haragorosan:20170610021210j:plain

 

とはいっても、登山をやっててこのストームクルーザーの出番がきたのは一度きり。

私の登山スタイルが・・・

◯ 日帰り登山メインであること。

◯ 登山行程が6〜7時間。

◯ ちょっとでも雨が降りそうな時は登山中止。

それと、運が良かったからです(。-_-。) 

 

それでも一度だけ、ガッツリ雨に降られたことがあります。

北アルプスに行った時、上高地から涸沢まで8時間ほど雨の中を歩きました。。

トームクルーザーの性能は抜群です。

いちばん印象的なのは、8時間も着ていたのに全く蒸れない、ということです。

当然きちんと着ていれば雨がしみ込むこともありません。

つまり、快適なんです! 

さらにCニットバッカーという裏地は従来品と比べて軽く、サラッとした着心地です。

つまり、着てるほうが気持ちいいかのようです。

 

しかしです。

顔はさすがにオープンなんです。当たり前ですが。。

私の仲間たちもレインウェアを着ていて体は濡れてないのでしょうが、

顔は・・・ずぶ濡れです。

平坦な道では折りたたみ傘を使う、といった方法もあるでしょう。

しかしできれば両手はフリーにしておきたいものです。

そこで私はこんな感じで行ってみました。

 

f:id:haragorosan:20170719184137j:plain

 

フードの下にキャップです*

見ての通り、顔全体を傘のように守ってくれます。

視界良好です。

フード自体に小さなツバは付いてますが、顔の大きい私には少々小さいようです(。-_-。)

このキャップもゴアテックス素材ですので雨が浸みてくることもありませんでした。

 

f:id:haragorosan:20170719184503j:plain

 

登山を始めたばかりの皆さん、高機能なレインウェアを買ったら雨が楽しみになるかもしれませんよ〜。

私は今のところ、晴れ一本狙いで行こうと思ってます。