のぼるぞ

山登りを始めたばかりの皆さん、機能も大切ですが、気に入ったアイテムを使うことが楽しむ秘訣です!

登山の楽しさや大変さは高さ(標高)では決まらない

皆さんこんにちは!ハセです。

 

9月も後半に入りました!

カ・ナ・リの暑がりの私からしても少し涼しく感じます。

明らかに夏ではない(^^;;

 

まさに登山にはもってこい!の季節です*

 

なぜなら・・・

 

虫がいない!

晴れが多い、気がする!

もちろん、暑くない!

 

登山を妨げる3大要因だと思ってます( ̄^ ̄)

 

先日、うちの奥さんにこんなことを言われました。

「高い山はキツくて無理なんで、低い山に登ろうよ」

その気待ち、わかります。。

高い山は高くて、低い山は低いですから。

しかし皆さん、高い山でも心配いりません!

ほとんどの山の登山口は山の中腹にあります。

f:id:haragorosan:20170929221955j:plain

たとえ山頂までの高さが2000Mあっても、0M地点から登るわけではありません。

もちろん、やろうと思えば0M地点からの登山もできると思いますが、私はやったことがありませんσ(^_^;)

 

ここでポイントになるのは登山口から山頂まで、高低差がどのくらいあるのか、てことです。

f:id:haragorosan:20170923214634p:plain

 

f:id:haragorosan:20170923214720p:plain

 

また、その高低差をどのくらいの時間で歩くのか、てとこもポイントです。

例えば、100Mの高低差を一気に短距離で上がるのは確かにキツいと思います。。

しかし、100Mの高低差を緩やかにダラダラと歩けば楽チンです。

 

f:id:haragorosan:20170923214817p:plain

 

低い山でも意外とキツいかもしれませんよ(^^;